誰でも5年以内にお金と時間の悩みから自由になれる

お金の本質セミナー取扱説明書

  • HOME »
  • お金の本質セミナー取扱説明書

1.事前に次のリンク先のデモンストレーション動画を何度も視聴した上で、予行演習を実施してください。また、動画での解説を参考にして、preziを皆さんのオリジナル仕様に加工してください。ポイントを箇条書すると次のとおりです。

・あらかじめPreziのアカウントをご作成ください。
・Preziは無料アカウントで構いません。
・次のプレジーリンクにアクセス後、「コピーを作成」をクリックしてください。
・クリックすると有料プランの案内が表示されますが、ページ上部に小さく記載されている「Publicを継続」というボタンを押してください。
・全てのpreziというフィルターから見ると『お金の本質を学ぶ』というプレゼンが入っているはずです。
・マウスをあわせると最初は「プレゼン」というボタンしかありませんが、私宛に編集権限を申請することで編集権限が付与されます。
・承認後、「編集」というボタンが表示されるようになりますので、編集ボタンを押して、自己紹介のスライドなどを自分用に編集してください。

<デモ動画>
https://youtu.be/rZLmNp3Y4Q4

<プレジーの叩き台>

https://prezi.com/_nn2phcdysio/presentation/?utm_campaign=share&utm_medium=copy

※プレジーについては、ザ・シンジケートとの差別化として、将来的には坂下仁によるビデオメッセージを埋め込むことも検討しています。

 
2.下記3点をを必ず守って開催してください。

(1)セミナーは必ず有料で開催すること

このセミナーのコンテンツは高い価値を内包しているので、その価値が分かる人からは十分に感謝して頂けます。そして、お金とは感謝の気持ちを客観的な数値として見える化したものである以上、このセミナーを無料で開催することは、イコール「お金=感謝の気持ち」を否定することになります。だから、くれぐれも無料で開催しないようご留意ください。理想としては、約2時間のセミナー時間の場合で定価1万5千円(割引後1万円)なのですが、著者本人による開催でないことを勘案すると定価1万円(割引後5千円)くらいが妥当かも知れません。また、慣れないうちは、割引後で3千円の水準でも構わないと思います。

(2)ブランディングとセミナー品質の維持のための仕組み

①坂下仁主催の入門セミナー(妻社長入門セミナーや出版記念セミナー等)のサポート実績を3回以上積んで下さい。

②セミナー開催時には、受講生に別添のアンケートをご記入頂いてください。その上で、翌週までにそのPDFを坂下仁宛にメール送付願います(フェイスブックのメッセンジャーでも構いません)。

(3)事前課題の実施

セミナー開催日の1週間前に、投資・消費・浪費のチェックシートとタネ銭ワークシートのエクセルをメールでご案内し、当日はプリントして持参するようご指示をお願いします。このシートがないと、当日のグループワークに参加できなくなってしまうので、くれぐれも忘れないように注意喚起をお願いします。

なお、坂下仁のセミナーでは必須にはしていませんでしたが、事前に妻社長本を読んでおいて頂くと、セミナー参加者の質が同じレベルに高まり、内容に付いてこられない人が発生しなくなります。そこで私は、妻社長本の読者について割引価格を設定していました。結果的に99%の参加者が事前に本を読んで参加されるようになり、とても良かったと思っています。
事前課題とアンケート用紙はここからダウンロードしてください。

<事前課題とアンケート>
http://moneysommelier.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/663a9aecb7bd62d28199355fda6b642c.zip

 

なお、ご案内済のプレジーを元に、パワーポイントなどを作成頂いても構いません。

PAGETOP