なっちー

 

 著者のパート主婦”なっちー”さんも最初は不動産投資のド素人でした。

でも、地道に種銭を作って不動産投資本や先輩大家さんから学びながら、たった2年で戸建を5戸も手に入れることができました。

 どれも200万円台から300万円台の物件ばかりですが、1軒増えるごとに家賃収入も増えますから、あっという間に2年で5軒も買えてしまったのです。

5軒合計で総額1680万円の投資です。しかも、そこからの家賃収入は年間400万円弱ですから、パート収入を上回る水準です。

 ではなぜ、彼女はたった2年でここまで辿り着くことが出来たのか?

 本書では、試行錯誤を重ねながら実践してきた具体例を元に、そのカラクリが解き明かされていきます。

 その意味で、「これから不動産投資を始めたいのだけど、どうすれば良いのか分からない(T。T)」という人にとって、最高の入門書だと思いました。

 ところで、拙著「いますぐ妻を社長にしなさい」でお薦めしているプライベートビジネスには5つの条件があります。

そして、その5条件を満たしている筆頭格のプチ起業が大家業です(妻社長P124)。

中でも「中古の戸建て賃貸物件であれば数百万円から始められます。

このレベルなら、日本政策金融公庫から無担保で借り入れることだって可能ですので、わずかな自己資金から始めることができます(妻社長P129)」。

そんな背景もあって、セミナーに出講させて頂いた時にはできるだけ、そのお話しをするように心がけています。

 ということで本書は、「妻社長を読んではみたけど、次のステップになかなか踏み込めない」という方に自信を持ってお薦めする良書です。