危うく破産するところまで追い込まれて、お金の秘密に気付き、自分がお金持ちになることを捨て去って、妻をお金持ちにすることにフォーカスした、というお話をこれまでしてきました。

 お金の秘密については、正直なところ初期段階ではファジーな感覚で、それほど具体的には意識できていませんでした。

 種を明かしてしまいますと、お金の秘密を言語として明確に認識できるようになったのは、実はフセンのおかげです。

 私は、常に携帯タイプのフセン手帳を持ち歩いています。

 

R0011470.JPG

 

 カバンや財布、寝室の枕元やトイレ、お風呂場等々あらゆる場所にも、フセンを備え置いています。

 一瞬のひらめきや、頭をよぎったことを、すかさずフセンに書きとめているのです。

 お金の秘密を具体的に言葉で表現できるようになったのも、フセンというツールがあったから、なのかも知れません。

 このフセンを活かした手帳術(メモ・ノート術)のことを、私はアナログクラウド手帳術と呼んでいます。

 具体的には、クラウドの仕組みをアナログのメモに活用したユニークな仕組みです。

 そして、そのアナログクラウド手帳術の全容を、ようやく皆さんにお披露目できることとなりました。

 昨日、某出版社から取材を受け、12月のMOOK本にて紹介頂く運びとなりました。

 詳細が固まりましたら、改めて案内させて頂きます。(^^)v

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg