【これまでのお話】

 プライベートビジネスとして成り立つのは、次の5条件を全て満たしたビジネスです。

 夫婦で協力しながらも妻が中心となって取り組む必要がある点と、お金の本質が感謝の気持ちであるということから、突き詰めて考えるとこの5条件は必須です。

 ①小さな金額から始められること

 ②利他的なビジネスであること

 ③簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること

 ④家事の合間にできて、ムリなく続けられること

 ⑤他人任せにしないで、妻がコントロールできること

 

【今回のお話】

 今回から、最初の条件である「小さな金額から始められること」についてのお話に入ってまいります。

 個人で始めるプライベートビジネスですから、現実的に考えて小さな金額で取り組めるような事業でないと話になりません。

 知人や親戚縁者、あるいは投資家等からお金を集められるのであればもちろん構いませんが、そこまで行ってしまうとプライベートビジネスではなく、本格的な「起業」になります。

 あくまでも、妻に担ってもらうプライベートビジネスで、妻に経済的に自由になってもらうということが基本的なコンセプトですから、まずは小さな金額から始められるビジネスを選びましょう。

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg