【これまでのお話】

 プライベートビジネスとして成り立つのは、次の5条件を全て満たしたビジネスです。

 

 ①小さな金額から始められること

 ②利他的なビジネスであること

 ③簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること

 ④家事の合間にできて、ムリなく続けられること

 ⑤他人任せにしないで、妻がコントロールできること

 夫婦で協力しながらも妻が中心となって取り組む必要がある点と、お金の本質が感謝の気持ちであるということから、突き詰めて考えるとこの5条件は必須です。

 

【今回のお話】

 「①小さな金額から始められること」の続きです。

 小さな金額から始められるからといって、新築ワンルームマンション投資に手を染めてしまうと厄介なことになるというお話をしました。

 やはり、大家業に取り組む場合には、一棟ものアパート(できれば中古)か中古の戸建て物件が一番理想的です。

 唯一の例外は、個人属性が障害となってアパートローンを借りられない人が、中古の激安高利回りワンルームマンションをキャッシュで購入する場合だけです。

 

 私達夫婦も最初は中古のアパートから始めました。

 経験を積みながら、徐々に商業物件やテナントビルに軸足を移していきました。

 もし、ワンルームマンションに手を出していたら、今のような事業拡大は望めなかったはずです。

 このように、「ワンルームマンション投資」は、一度ハマると処分することもままならず、多重債務者同様の扱いを受けてしまう怖い投資です。

 中古であれば物件次第と言えなくもありませんが、新築のワンルームマンションには絶対に手を出さないようにしましょう。

 

閉じる前にポチっとお願いします!

自己啓発 ブログランキングへ

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg