【これまでのお話】

 プライベートビジネスとして成り立つのは、次の5条件を全て満たしたビジネスです。

 夫婦で協力しながらも妻が中心となって取り組む必要がある点と、お金の本質が感謝の気持ちであるということから、突き詰めて考えるとこの5条件は必須です。

 ①小さな金額から始められること

 ②利他的なビジネスであること

 ③簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること

 ④家事の合間にできて、ムリなく続けられること

 ⑤他人任せにしないで、妻がコントロールできること

 

【今回のお話】

 4つ目の条件の続きです。

 4つ目の条件は、家事の合間にできてムリなく続けられること、でした。

 私達が選択した大家業も、この条件をクリアしています。

 なんてったって、大家業は「主婦力」を縦横無尽に発揮できるフィールドだからでした。

 

 それだけではありません。

 その街の雰囲気とか買い物の利便性、それに教育面での優位性など、主婦目線だからこそ気付くことがたくさんあります。

 だから、部屋を借りる時も、マイホームを買う時も、決定権は主婦にあると言われるのです。

 これが何を意味するのか、もうお分かりですね?

 マイホームだけではなく、アパートのような不動産物件の良し悪しを見極める眼については、男性よりも女性の方がはるかにスグレテいる、ということなのです。

 まさに、常日頃から家の中のことに目配せしながら頑張っている主婦は、それだけで既にアパート経営のセミプロと同じ様なレベルだということになるのです。

 日本でも、大家業は馴染みのあるポピュラーな副業として定着しつつあります。

 

 そのセミプロの能力を存分に活かした方が、家計のためにも世の中のためにも役立つとは思いませんか?

 

閉じる前にポチっとお願いします!

自己啓発 ブログランキングへ

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg