【前回までのまとめ】

 どんなにスキルアップに励んでもサラリーマンはお金持ちにはなれません。

 なぜなら、サラリーマンであり続ける限り、絶対に越えられない4つの壁にぶつかってしまうからです。

 4つの壁とは、税制の壁、給与体系の壁、就業規則の壁、転職市場の壁です。

 この4つの壁だけは、どんなに幸運な勘違いが起ころうとも、崩壊することはありえません。

 前回は「価値と貢献のマトリックス」から給与体系の壁を眺めてみました。

 今回から、マトリックスの中身を1つづつ見て参ります。

 【今回のお話し】

 まず最初は、マトリックスの右上です。

 このマトリックスに入ってくるのはビジネスオーナー、つまり起業家です。

価値と貢献のマトリックス 起業家 byお金のソムリエ坂下仁.jpg


 起業家は、「他人のために(For you)、価値や雇用を創造」します。

 新たに価値を創りだす働きをするので、世の中を豊かにすることに貢献するのです。

 しかも、多くの起業家は、従業員を雇ってくれます。つまり、雇用を生み出してくれるわけです。

 このように、価値を創造して更に雇用をも生み出してくれるので、世の中から感謝してもらえます。

 その結果、感謝の気持ちとしてのお金が、よりたくさん起業家の許に流れ込んでくるのです。


 しかも、起業家が価値を創造するのは、自分がその価値を独り占めするためではありません。

 自分以外の皆さんに役立てて頂くために価値を創造しています。

 つまり、「For me=自分のため」ではなく「For you=他人のため」に、価値を創りだしているというわけです。


 当然のことながら、創造された価値が大きかったり、多くの人々が喜んでくれるような価値であれば、「感謝の気持としてのお金」が次々と大量に懐に流れ込んできます。


 

 ところが逆に、どんなに馬車馬のように働いても、価値が創造されなければ、誰も「感謝の気持としてのお金」を支払ってはくれません。

 世間ではこれを「起業リスク」と呼んでいます。


 このように、生み出された価値や感謝の気持ちのボリュームがストレートに収入として跳ね返ってくるのが、起業家という職業の特徴です。

 一番お金持ちになりやすいのは起業家だと言われますが、お金の本質から考えてみれば当たり前のことだったというわけですね。

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!