【前回までのまとめ】

 どんなにスキルアップに励んでもサラリーマンはお金持ちにはなれません。

 なぜなら、サラリーマンであり続ける限り、絶対に越えられない4つの壁にぶつかってしまうからです。

 4つの壁とは、税制の壁、給与体系の壁、就業規則の壁、転職市場の壁です。

 この4つの壁だけは、どんなに幸運な勘違いが起ころうとも、崩壊することはありえません。

 前回は「価値と貢献のマトリックス」の左下にある「サラリーマン」のお話でした。

 

 【今回のお話し】


 今回は「価値と貢献のマトリックス」の右下です。

 このマトリックスに入ってくるのはボランティアです。

 

価値と貢献のマトリックス ボランティアbyお金のソムリエ坂下仁.jpg

 

 ボランティア活動とは「世の中の人々の為に(For you)自分の時間(労働力)という価値を移転」することです。

 

 ボランティアは、基本的には利他的ですので世の中から感謝されますが、報酬を得ることは主目的ではありません。したがって、必要最低限の報酬か、もしくは無報酬になります。

 ボランティアをされる皆さんの価値基準は、「どれだけ稼いだか」ではなく、「どれだけ社会にプラスの影響を与えたか」という点にあるのです。

 したがって、彼らにとっては「感謝の気持を見える化したお金」よりも、「感謝の気持ちを見える化した別の評価」の方にウェイトが置かれます。

 当然のこととして、必要最低限の報酬か、もしくは無報酬で構わないということになるわけですね。

 


 ちなみに、最近は社会起業家(社会的企業家)が注目されています。

 上のマトリックスを再度ご覧ください。

 彼らは、まさに「起業家」と「ボランティア」にまたがった存在ということになります。


「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!