【前回までのまとめ】φ(._.)メモメモ

 どんなにスキルアップに励んでもサラリーマンはお金持ちにはなれません。

 なぜなら、サラリーマンであり続ける限り、絶対に越えられない4つの壁にぶつかってしまうからです。

 4つの壁とは、税制の壁、給与体系の壁、就業規則の壁、転職市場の壁です。

 この4つの壁だけは、どんなに幸運な勘違いが起ころうとも、崩壊することはありえません。

 前回と前々回は、税制の壁についてお話しました。

今回からは、給与体系の壁についてお話しをします。


 【今回のお話し】(^^)v


 私達サラリーマンの前に立ちはだかるのは、税制の壁という国家規模の壁だけではありません。

 どんなに努力を重ね、どんなに能力を発揮しても、サラリーマンの目の前には給与体系の壁が立ちはだかっていて、いかんとも出来ません。

 サラリーマンの給与体系は、自分の時間(労働力)を会社に量り売りして、その対価として給料をもらうという仕組みになっていますので、仕方のないことです。

 そもそも、私達が「何らかの働き」をする場合、それは「価値を創造する働き」と「価値を移転する働き」とに分けることができます(価値を壊すことは論外ですので省きます)。

 更にそれぞれは「For me=自分のため」のものと「For you=他人のため」のものとに分けられます。

 

 次の価値と貢献のマトリックスをご覧ください。

(クリックすると大きくなります)

価値と貢献のマトリックスbyお金のソムリエ坂下仁.jpg


 

 言わずもがなですが、価値を移転する働きよりも、創造する働きの方が、世の中を豊かにします。

 従って、価値を創造すると世の中から感謝されて、感謝の気持ちとしてのお金が、より多く流れ込んできます。

 また、「For me=自分のため」よりも「For you=他人のため」の働きのほうが、人様から感謝されます。

 従って、感謝の気持ちとしてのお金が、より多く流れ込んでくるというわけです。

 


「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!