【前回までのまとめ】

 どんなにスキルアップに励んでもサラリーマンはお金持ちにはなれません。

 なぜなら、サラリーマンであり続ける限り、絶対に越えられない4つの壁にぶつかってしまうからです。

 4つの壁とは、税制の壁、給与体系の壁、就業規則の壁、転職市場の壁です。

 この4つの壁だけは、どんなに幸運な勘違いが起ころうとも、崩壊することはありえません。

 前回は「価値と貢献のマトリックス」の右上にある「起業家」のお話でした。

 今回は、「価値と貢献のマトリックス」の左下にある「サラリーマン」のお話です。

 

価値と貢献のマトリックス サラリーマン byお金のソムリエ坂下仁.jpg

 【今回のお話し】


 サラリーマンは、「自分と家族の生活費を稼ぐために(For me)自分の時間(労働力)という価値を会社に移転」します(図解の左下)。

 

 私達サラリーマンは、基本的に自分の時間(労働力)を会社に切り売りして、その対価として給料をもらっています。

 だからこそ基本給が決まっていて、残業代も1時間あたりいくらという時間給になっています。

 業績や実績に応じた増減はありますが、ベースにあるのは生活保障給としての基本給です。

 


 このように、生み出された価値をベースにするのではなく、譲渡された時間(労働力)に応じて収入が決まってきます。

 生み出された価値をベースに収入が変動する起業家とは対照的です。

 当然の結果として、サラリーマンが手にする収入にも限界が生じてしまうのです。

 


 そもそも、お金の正体は「感謝の気持ち」でした。

 そうである以上、どんなに「自分の為」に頑張ってもお金は大きくは増えません。

 あなたが自分自身のために頑張ったところで、世の中の誰もあなたには感謝しないのですから、当たり前ですよね?

 

 もちろん、勤務先企業が社会貢献をしているので、サラリーマンも間接的には他人のために(For you)貢献しています。

 しかし、直接的に貢献しているのは会社ですから、オーナー(株主)や経営者(役員)に「感謝の気持ち」としてのお金は厚く配分されます。

 


 このように、あなたがサラリーマンであり続ける限り、給与体系の壁を打ち破ることはできません。

 

 サラリーマンとしてのあなたが経済的に自由になる、という奇跡は未来永劫起こり得ないのです。

 

 抜け道があるとすれば、サラリーマンを辞めてリスク覚悟で起業するくらいなものでしょう。


「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!