【これまでのお話】

 プライベートビジネスとして成り立つのは、次の5条件を全て満たしたビジネスです。

 夫婦で協力しながらも妻が中心となって取り組む必要がある点と、お金の本質が感謝の気持ちであるということから、突き詰めて考えるとこの5条件は必須です。

 ①小さな金額から始められること

 ②利他的なビジネスであること

 ③簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること

 ④家事の合間にできて、ムリなく続けられること

 ⑤他人任せにしないで、妻がコントロールできること

 

 何回かに分けて、2つ目の条件のお話をしてきています。

 

【今回のお話】

 2つ目の条件は、利他的なビジネスであること、でした。

 お金の本質が「感謝の気持ち」である以上、絶対不可欠な条件です。

 あなたの手許にお金が絶え間無く永続的に流れ込むビジネスは、他人様に喜んで頂けるビジネス以外にはありえません。

 その点では、大家業は利他的なビジネスの極地に位置します。

 もちろん、大家業さえ始めてしまえば必ずうまくいく、というわけではありません。

 相場に比べて家賃が高すぎたり、修理や掃除といったメンテナンスがちゃんとできていなかったら、入居者が感謝してくれるわけがありません。

 そんな大家に成り下がってしまっては、せっかくの利他的な事業が、ひとりよがりの事業になってしまいます。

 For you ではなく For me の事業になった途端に、「感謝の気持としてのお金」はピタリと止まってしまいます。

 

 例えば、私達が最初に手がけたアパートは1Kタイプ12室の単身者向け一棟アパートでした。

 購入当初は見た目も内装も汚く、掃除もされていないようなボロアパートでした。

 誰の目にも、入居者が感謝してくれているとは思えない物件です。当然のように半分の6室が空室でした。

 そこで、まずは1つ1つの部屋をキレイに掃除して、設備も世間並みにそろえて、家賃も相場並みに設定しました。

 その上で、1つだけ差別化するための強み(USP)を埋め込みました。独身男性を想定入居者としたアパートだったので、全部屋をブローバンドの高速無線LAN対応としたのです。

 もちろん無料です。

 廊下の壁にルーター用のボックスを取り付けて、そこにヤフーBBの無線ルーターを設置しただけの簡単な装備です。

 ランニングコストは毎月5千円程度ですので、1件あたり400円の出費にしかなりません。

 家庭内での無線LANは既にポピュラーでしたが、公衆無線LANは出始めたばかりでしたので、不動産仲介業者の間ではすぐに有名物件になりました。

 あっという間に全室満室です。

 

 このように、大家業はもともと利他的な事業なのですから、その精神を忘れずに利他的に運営しさえすれば、空室だらけになることはあり得ないのです。

 

 大家業以外の事業に取り組まれる方も、そのビジネスでお客様となって下さる方が、心から喜んでくださるように常に工夫を続けましょう。

 お客様が喜んで下さる限り、そのビジネスが見限られることは決してありません。

閉じる前にポチっとお願いします!

自己啓発 ブログランキングへ

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg