出来上がってみれば、200ページ程度の1冊の本。

 

たかがそれだけのアウトプットのために、構想と企画書作成から始まって、出版に漕ぎ着けるまでに1年近くを費やしました。

 

そのプロセスで産まれた下書き原稿が以下の写真です。

 

 

IMG_1623.jpg

 

IMG_1613.JPG

 

 

A4コピー用紙の表と裏の両面に8ページ分を印刷し続けて推敲を重ねてきました。

 

多いのか、それとも少ないのか、正直なところ私にはわかりません。

 

1つだけわかっているのは、この下書き原稿には本当にお世話になったということ。


 

彼らは既に私の許から去って行きました。

 

リサイクル後の彼らの紙面に、もっと素敵な文章がつづられることを、願ってやみません・・・。

 

 

閉じる前にポチっとお願いします!

banner (1).png