前回は、「自分自身がお金持ちになる」という発想を捨て去ること、それがサラリーマンがお金持ちになれる唯一の方法だとお話しました。

    

     なぜか?

    

     その理由をお話する前に、まずは私がその事実に気付いた背景をお話しなければなりません。

    

     思い出すのも恥ずかしい私自身のおぞましい過去なのですが、しばしの間、私の転落と復活のお話にお付き合い下さい。

    

     私は、半沢直樹と同じ世代のバブル末期入行の銀行員でした。

    

     私が銀行に入行した頃は、既にバブルがピークを迎えていて、株も不動産も高値の花でした。

    

     どうあがいても新入社員には手が届く状態ではなかったのです。

    

     資産形成という意味では、半ば諦めの境地から社会人生活をスタートさせたのでした。

    

     ところが、次第に株価も下がり始めて、不動産価格も下落。

    

     諦めの境地は、いつの間にか底知れぬ恐怖感へとうつろっていったのです。

    

     今思い起こすと、第2次橋本政権が終焉を迎えた1998年が地獄の入り口だったのかもしれません。

    

     そして、私にとっての運命の鐘は2004年に鳴り響きました。


          少しでも参考になれば
            「いいね」をポチッ!