私の3連休は妻社長セミナーづくしでした

 

 

連休初日は大阪にて
妻社長育成コースの最終回、
連休最終日は東京にて
ザ・シンジケート2ndの不動産編でした

 

 

嬉しいことに、私のセミナーには毎回
卒業生の皆さんも参加してくださいます

 

 

妻社長メソッドを一足先に実践して、
試行錯誤のうえで成功した先輩として
受講生の皆さんに色々な助言をして
いただいています

 

 

講師から学ぶこと以上に
実際に実践した先輩の生の声を聞けるので
リアル感をひしひしと感じられるそうです

 

 

一方で、ファシリテートする先輩も
人に教えることで学びが深まるので
異口同音に勉強になったと仰ってくれます

 

 

セミナー卒業生の成功率が高い裏側には、
実践しながら教える結果、
あたかもターボエンジンのように
学びが加速する、
というカラクリがあるようです

 

 

誰かをサポートしたり、誰かを教える人は
更なる成長という最高の報酬で
報いられるわけです

 

 
イスラエルとヨルダンの国境を流れる
ヨルダン川という川があります

 

 

ヨルダン川の流れはガリラヤ湖に注ぎ、
ガリラヤ湖経由で死海へと流れていきます

 

 

ガリラヤ湖は、
キリスト時代から漁業が盛んで、
まさに生命力溢れる生きた湖です

 

 

でも、死海は塩分濃度が異常に高く、
その名の通り生物は生息していません

 

 

同じ川の水なのに何故こんなに違うのか?

 

 

ガリラヤ湖は、ヨルダン川から
水の恵みを受け取ると同時に、
再びヨルダン川の流れに水を与えています

 

 

ところが、
死海はヨルダン川から水を受け取るばかりで
死海から流れ出る川は一本もありません

 

 

死海に到達した水は全てそこで
蒸発してしまうそうです

 

 

与え続けているガリラヤ湖は
命で溢れているのに
もらってばかりいる死海は文字通り
生命のない死の湖となってしまっている

 

 

学ぶことと教えることも
これと全く同じカラクリです

 

 

学んでばかりで、
その学びを誰にも教えない人は死海です

 

 

学んだことを実践しながら
教えて広めていく人はガリラヤ湖です

 

 

あなたは、
死海とガリラヤ湖のどちらが好きですか?