【これまでのお話】

 プライベートビジネスとして成り立つのは、次の5条件を全て満たしたビジネスです。

 

 ①小さな金額から始められること

 ②利他的なビジネスであること

 ③簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること

 ④家事の合間にできて、ムリなく続けられること

 ⑤他人任せにしないで、妻がコントロールできること

 夫婦で協力しながらも妻が中心となって取り組む必要がある点と、お金の本質が感謝の気持ちであるということから、突き詰めて考えるとこの5条件は必須です。

 

【今回のお話】

 「①小さな金額から始められること」の続きです。

 小さな金額から始められるからといって、新築ワンルームマンション投資に手を染めてしまうと厄介なことになります。

 前回は、利益が出るどころか、損失の方が大きいという試算結果に触れました。

 今回は、資金繰です。

 

 新築ワンルームマンションで最悪なのは、キャッシュフローです。

 前回お話した出費以外に、年間70万円もの借入金元本を返済しなければなりませんので、毎年50万円程度の持ち出しが発生することになるのです。

 このように、マンション管理費・修繕積立金・管理業者に支払う手数料・入退去時の仲介手数料と広告料・内装リフォーム費用・固定資産税・火災保険・借入金利・空室リスク・新築時のご祝儀家賃・法人税等々が容赦なく襲ってきます。

 これらをすべて足し算し、借入元本返済のキャッシュフローも考慮すると、表面利回りが最低でも10%以上はないと負けがほぼ確定してしまうのです。

 

閉じる前にポチっとお願いします!

自己啓発 ブログランキングへ

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg