1つ強烈なエピソードを紹介しましょう。

「会社のお金を入れたカバンを電車の棚に置き忘れてしまった! 父さん助けて!300万円が今すぐに必要なんだ!」という息子の悲痛な叫び。

「何とか息子を救ってやりたい!」というのが親心というものです。

そして、そんな親の愛情を餌食にするハイエナのような洗脳師。

役柄が3つ揃って、オレオレ詐欺という犯罪が出来上がります。

言わずもがなですが、騙されたお年寄りは、119%洗脳されています。

そして、その70代の男性の頭の中は、ただただ「息子が会社を首になったら大変だ!何とか息子を助けてやりたい」という気持ちでいっぱいで、その思いがグルグルと渦を巻いていたのでした。

でも、冷静な第三者から見れば、少しだけ注意を払うだけで「ちょっと変だぞ」ってわかります。

だから、いぶかしく感じた銀行窓口の女性は、何とか思いとどまらせようと説得にかかりました。

にも関わらず、息子を救うためであれば、いかようにでも物語を作って、銀行窓口の女性の説得を振り切ろうとするのです。それが親の愛というものなのかもしれません。

事件を聞いて駆けつけた警察官も、二人がかりで何とか説き伏せようとするのですが、全く聞く耳を持ちません。

そして、ついに、警察から通報を受けた「渦中の息子」が現場に駆けつけたのでした。

「父さん!俺はカバンなんてなくしていないよ!その電話は俺じゃなくて、振り込め詐欺の犯人だよ!!」

息子の口から真実が語られた時、果たして父親はどんな反応をしたか?

皆さんは、想像できますか?

その父親は、息子である「たかし」に、こう言ったのです。

「たかし・・・。 お父さんは、お前のことを信じているんだ。 おまえが本当のことを言えないってことくらい、お父さんはわかっているんだよ。 おまわりさんが居る手前、言いづらいのかもしれないが・・・・、お父さんには隠さなくてもいいんだよ。 もう、心配はいらないぞ・・・。 300万円は、ちゃんと用意してあるから 安心しなさい!」

・・・・・(–;)

そうなんです。

お父さんの頭のなかでは、既にストーリーが出来上がっているのです。

つまり、完全に洗脳されているのです。

恐るべき詐欺師たち、おそるべし洗脳師たち。

昨年1年間の被害総額は363億円です。

こんなエピソードが毎日何百件も発生して、毎日1億円もの莫大な大金が、お年寄りからむしり取られているのです。

「そんなの関係ねぇー」って、知らんぷりなんかできませんよね?

 

 お金のソムリエ坂下仁.jpg