アンズさんからご紹介頂いた主婦力についてのエピソードが素敵すぎて、あとを続けにくくなってしまいました。(笑)

そこで、テーマからはそれますが、今日は少し毛色の違うお話をご紹介しましょう。

ある都内の銀行の窓口で、つい最近、実際に起きた出来事です。

それは、晴れた日のお昼すぎのことでした。

「一組の老夫婦がお金を引き出しに来られたのですが、ちょっと様子がおかしいので見に来て欲しい」という連絡が入りました。

少し離れたところから観察してみたのですが、確かにそわそわしていて様子がおかしいんです。

そこで、老夫婦にご事情を伺ってみました。

そうすると、重い口を開いて、次のように仰るのです。

「実は息子が運用に失敗して、証券会社に200万円を支払わなければならないんです。1時間後に駅の改札で息子と待ち合わせているので、急いで出して欲しいんです」

息子さんのお仕事を伺うと、北陸で開業医をされているとのこと。

この時点で、既に怪しいですよね?

わざわざ新幹線に乗って、北陸から都内まで取りに来るなんておかしな話です。

それも、お医者さんが・・・です。

しかも、200万円もの大金ですから普通は振り込みます。

そこで、「最近は、こういう手口のオレオレ詐欺があるんですよ」ってお話をしてみました。

しかし、息子さんの携帯電話の番号を控えたメモ用紙を手もとに持っていらっしゃっていて、その息子さんとは何度も電話で話をしているので本人に間違いない、って譲らないのです。

ところが、よくよく確認してみると、ご夫婦の手帳にはその携帯の番号は載っていないのです。載っているのは、息子さんが経営されている医院の電話番号だけなんです。

おまけに、息子を名乗る方がご夫婦に電話をかけてきて携帯番号を伝えたのは、その日の朝だったのです。

普通であれば、おかしいって気づきますよね?

でも、ご夫婦は完全に信じきってしまっているんです。

ご夫婦が仰るには「本人から今日は病院が休みだと聞いている」とのことですが、その人が犯人であればウソに決まっています。

そこで、手帳に書いてある息子さんの医院に、お二人の目の前で電話をしてみました。

そうしたら、案の定、息子さんは病院で診療中だったのでした。

さて、このお話を聞いて、殆んどの皆さんは「私は大丈夫」って思うかもしれません。

ブログにアクセスできる皆さんであれば、確かに大丈夫でしょう。

しかし、そもそも、振り込め詐欺の犯人は、皆さんのお金を狙っているわけではありません。

皆さんのご両親やおじいちゃんおばあちゃんのお金を狙っているのです。

ご両親や祖父母の、大切な老後のお金が狙われてわけです。

残念なことに、犯人には、ひとかけらの良心もありません。

「俺がやらなくても、どうせ他の奴らから騙し取られるんだから、同じじゃないか!」っていう気持ちしか持っていないのです。

そんな連中に、あなたのご両親や祖父母が騙されるなんて、悲しいですよね?。

守ってあげられるのは、身内のあなただけなんです。

だから、面倒くさいなんて思わずに、日頃からご両親やおじいちゃんおばあちゃんに電話をして、コンタクトをとってあげてください。、

用事がなくても構いません。一言二言でも構いませんから、声をかけてくださいませんか?

「そういえば、ここしばらく話してないな・・・」って思い当たる節のあるあなた!

いますぐに電話をしてあげて下さい!!(^^)v

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg