【これまでのお話】

 プライベートビジネスとして成り立つのは、次の5条件を全て満たしたビジネスです。

 ①小さな金額から始められること

 ②利他的なビジネスであること

 ③簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること

 ④家事の合間にできて、ムリなく続けられること

 ⑤他人任せにしないで、妻がコントロールできること

 夫婦で協力しながらも妻が中心となって取り組む必要がある点と、お金の本質が感謝の気持ちであるということから、突き詰めて考えるとこの5条件は必須です。

 

【今回のお話】

 前々々回から、5つ目の条件に入りました。

 5つ目は、他人任せにしないで妻がコントロールできること、です。

 

 「コントロール」という視点から、投資といわれているものをよく見ると、面白ことが分かります。

 不動産投資も株式投資と同じようにメジャーな投資です。

 前回の株式投資との対比で、個人にとってもお馴染みのアパート経営を例に取ってみましょう。

 大家さんにとって、自分の持っている収益物件のことを一番良く知っているのは自分自身です。

 日頃の管理を通じて入居者の不満を吸い上げて改善を施し、高い入居率を維持することは、全てあなた次第なのです。

 アパートの状況を具体的に把握できるからこそ、コントロールできるのです。

 あなたは、アパートが満室になっていることを、あなた自身の目で確認することができます。

 満室になっているということは、入居者から「感謝されている」ということです。

 空室があるということは、入居者から「感謝されていない」ということです。

 空室が増えてきた途端に、あなたは「これは大変だ!」と即座に状況を把握して、家賃引き下げやリフォーム、あるいは管理会社の変更、といった対応策を講じることができるのです。

 もちろん、信頼できる管理会社に放り投げて任せっぱなしにすることも可能ですが、その場合でも、いつでも「コントロール権」を取り戻すことができます。

 このように、大家業とは、自分の目で見て、自分で対応を決めることが出来る、つまりコントロールすることができる投資なのです。

 コントロールできるのですから、ローリスク・ハイリターンの運営をすることが可能になるのです。コントロールが効かない投資よりは、はるかに安全だということになります。

閉じる前にポチっとお願いします!

自己啓発 ブログランキングへ

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg