前回まで横道にそれて「アイデアを捉えて逃がさないメモ術」のお話をしてしまいましたが、本線に戻ります。

【これまでのお話】

 プライベートビジネスとして成り立つのは、次の5条件を全て満たしたビジネスです。

 

 ①小さな金額から始められること

 ②利他的なビジネスであること

 ③簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること

 ④家事の合間にできて、ムリなく続けられること

 ⑤他人任せにしないで、妻がコントロールできること

 夫婦で協力しながらも妻が中心となって取り組む必要がある点と、お金の本質が感謝の気持ちであるということから、突き詰めて考えるとこの5条件は必須です。

 

【今回のお話】

 

 「①小さな金額から始められること」の続きです。

 私たち夫婦の場合にも、銀行借り入れに関してはほとんどハードルがありませんでした。

 保証人となる私の属性はサラリーマンですし、どん底の節約生活で種銭も十分に貯まっていました。

 保証人となる私が破産寸前だった、という事実は銀行にはわかりません。

 案件を持ち込んで相談してみた銀行は、当然のように満額の回答を示してくれました。

 

 ただし、いくら借り入れしやすいからと言って、いきなり高額物件を買ってはいけません。

 一昔前に2億円とか3億円もするような高額なマンションへのフルローンが流行りました。

 しかし、空室増加や家賃低下、金利上昇に見舞われてしまうと、あっという間に資金繰が悪化してしまいます。

 不動産投資は超長期にわたる気の長い投資です。

 目先の短期的な利益以上に、家賃収入が長期的に安定していることが大切なのです。

 このように、自己資金を使わずに錬金術のように収入が増える取引には、必ず落とし穴がありますから、充分に注意しましょう。

 

 初めてのチャレンジには失敗がつきものです。だから、まずは練習を兼ねて身の丈にあった投資案件から始めて下さい。

 そうすれば、万が一しくじったとしても挽回することが可能です。

 その意味で、首都圏近郊や地方中核都市にある小規模の中古アパートや築古戸建物件は手頃です。

 こうした物件は通常15%~20%程度の利回りがあるので、あっという間に投資資金を回収することができます。

閉じる前にポチっとお願いします!

自己啓発 ブログランキングへ

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg