【これまでのお話】

 妻をお金持ちにすること、に専念すること。

 サラリーマンがお金持ちになる方法は、それしかありません。

 なぜなら、妻は「主婦力」という強力なビジネススキルを持っているからでしたね。

 そして、妻がお金持ちになれば、生命保険も不要になってしまうことも分かりました。

 更に、税金についても、夫と妻とで全体最適が図られるので、何十万もの節税が図れる場合があることが分かりました。

 妻だから、本業と副業とを両立することもできました。

 

【今回のお話】

 妻には、夫という名の生活保障がもれなく付いてきます。

 万が一、妻がプライベートカンパニーで充分な利益をあげられないとしても、家族が食いっぱぐれることはありません。

 夫がサラリーマンをやめて起業すると収入が不安定にりますが、妻が事業を始めてもその心配が無いのです。

 共働きは別としても、主婦は時間にも比較的恵まれています。

 生活面での心配もなく、時間的にもデッドラインが無いので、妻は腰を据えてプライベートビジネスに取り組めるのです。

 夫は、妻の事業が軌道に乗るまで、じっと暖かく見守ってあげればよいのです。

 

 こうして、夫が暖かく見守りながら、妻に資産を委ねて、妻自身が収益を上げることが出来るようになる過程で、「金持ちマインド」が今まで以上に備わってきます。

 将来の収入への不安で一杯だった時と比べて、自分でコントロールできる収益源があることが安心材料となって、気持ちの上でも余裕が生まれるのです。

 結果として、夫が本当に必要とするお小遣いを惜しみなく渡してくれるようにもなります。

 無駄金を削りつつも、有効な経費に対しては必要性を心の底から理解してくれるようになるのです。

 お金を「生き金」として使う姿勢が自然と身に付いてくるというわけです。

 おまけに、事業活動を通じてファイナンシャル・リテラシーもマスターしますので、お金と時間を浪費する「有閑マダム」になることもありません。

 

坂下仁_とにかく妻を社長にしなさい_いますぐ妻を社長にしなさい_別モノ

 

 

「いいね」をポチッ!して頂けると励みになります!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg