銀行を辞めて

本の執筆とセミナーに専念してから
あっという間に1年が過ぎました

 

 
本を書いたり
セミナーを開いたりしていると
著者仲間やセミナー仲間が増えます

 

 
その多くが
起業して成功された方々であり
もしくは、不動産で成功された
人達です

 

 
そんな皆さんと
身近でつきあうようになって
1つ、気づいたことがあります

 

 
それは、一般の人と比べて
能力面ではほとんど大差がない!
ように見える・・・
ということ

 

 

 

 

 
彼らの多くは
本の累計部数が10万部を超えていたり
テレビやラジオや雑誌で露出していたり
多数の読者を抱えるブログやメルマガを
発行しているような有名人です

 

 
だから、彼らと会って話す時には
「きっと、凄い人に違いない!」
と思って身構えてしまうのですが
実際に話してみると
一般の人と何ら変わらない・・・

 

 
肩書や実績を取り払ってしまえば
会社の同僚や学校の同級生のように
どこにでもいる人達なのです

 

 

 

それなのに、いったい、何が原因で
彼らは起業に成功し
あるいは、資産運用で成功したのか?

 

 
最近、ようやく、その紙一重の差の
1つに気づきました

 

 
それは
1つだけ「こだわり(信念)」があるか
もしくは
1つだけ「特技」がある
ということ

 

 
たった1つです

 

 
その他は平凡か、平凡以下なのに
たった1つだけの特技や信念を活かして
紙一重の差で成功していたのでした

 

 
よく考えてみると
私自身だって、何も取り柄のない
平凡なおじさんです

 

 
ただ、たった1つだけ
「お金の本質」に気付いて
ひたすら、こだわっただけにすぎません

 

 

実は、3日前にも
有名人と知り合いました

 

 
累計50万部のベストセラー作家で
投資家でもある
内藤忍さんです

 

 
有名人なので
わたしは、いつものように
「どれだけ凄い人なんだろう?」と
身構えて話したのですが
10分ほどお話しをして分かったことは
普通のおじさんだ、ということ(笑)
(内藤さん、すみませんm(__)m)

 

 
冷静に考えてみると
ヴァンネットというワイン投資の詐欺に
コロリとひっかかった人ですから
正真正銘の、まぎれもない「凡人」です
(内藤さん、ごめんなさいm(__)m)

 

 

このように
初歩的な投資で失敗をした人なのに
投資家として大成功したのはなぜか?

 

 
その答えは、
愚直なまでの
「たった1つのこだわり」
に隠されていたのでした

 

 
続きは次回・・・

 

 

 

 

坂下仁のセミナーのご案内
───────────
読者プレゼントを多数用意しています
───────────
<最新刊>
図解 人生がはかどる「ふせんノート」
───────────
「この方法」を知った時、私たちはお金の不安から解放されました。
『お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか? 』
おかげさまで、4刷1万7000部
───────────
シリーズ 11万部!
とにかく妻を社長にしなさい
全国書店にて好評発売中!
───────────
おかげさまで 5刷! 2万4000部!
1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる
全国書店にて好評発売中!