私達は、住む家がないと生きていませんが、移動手段としての車も必要不可欠です。

 しかし、車は、言わずと知れた「維持費の掛かる金食い虫」なので、持たないに越したことはありません。

 必要な時にはレンタカーで間に合わせられますし、カーシェアリングも定着し始めてきています。

 老化は足腰から始まりますから、健康面を考慮しても「徒歩+公共交通機関」の組み合わせの方がベターです。

 マイカーも「FOR ME=自分のため」のものですので、感謝の気持としてのお金をあなたが支払う立場になります。

 四六時中活用するのであれば消費の範疇に入りますが、週末にしか使わない場合には、典型的な「浪費」になります。

 一方で、プライベートビジネスで使うのであれば、「FOR YOU」人様のために役立てることになるので、お金は出て行きません。

 むしろ、プライベートカンパニーの収入を生み出す原動力の1つになりますし、維持費についても経費として家賃収入から支払うことが可能となり、節税ができるようになります。つまり、「投資」的な色彩が強くなります。

 もちろん、その場合でも、マイカーよりはレンタカー、公共交通機関の方がより低コストで済みますので、十分な熟慮が必要です。

 とはいえ、個別性もかなり強く、お年寄りや乳幼児がいらっしゃるご家庭では、「浪費になるから切り捨てる」、というわけにもいきません。

 また田舎のように公共交通機関が少ない地域では、マイカー無しでは生活が成り立ちません。

 従って、「首都圏のように公共交通機関が充実している地域の場合で、かつ、やむを得ない事情がない場合に限り、マイカーを所有するかどうかは、じっくり考えましょう」ということになります。

閉じる前にポチっとお願いします!

 お金のソムリエ坂下仁.jpg