ソプラノ大家さんこと菅原久美子さんの「今すぐ妻に不動産投資をさせなさい」を読みました。

菅原久美子_坂下仁

 

「今すぐ妻を社長にしなさい」は男性目線から書いた本ですが、「今すぐ妻に不動産投資をさせなさい」は女性目線から書いた本だということ。視点を変えて読むとなかなか楽しめますね(^^)v

特に私が「なるほど」と思った箇所をピックアップしてみました。

・「どうしたら奥さんに協力してもらえますか?」という質問に対して、私は「プロポーズした時のことを思い出して」と答えます。それくらい人生を左右する大きな決断だからです。
⇒大家業開始以前にクリアすべき最大の課題ですので、まさに頷けますね。

・夫婦2人が納得できなければ買わない、というルールを定めておくことも成功の秘訣。
⇒これは私達夫婦も実践していますね。いつも私がアクセル踏みっぱなしで、妻がブレーキを踏みっぱなしなのですが、その絶妙のバランスで良い結果が出ているような気がします。

・「いくら儲かるか」を考える前に、「そこに住む人がいる」と考えること。
⇒なんだか嬉しいですね。お金とは感謝の気持ちなので、家賃も当然感謝の気持ちですから、住む人が喜んでくださらない限り、家賃収入はあがらないんですよね。

などなど、とても気持ちよく読むことができました(^^)v

菅原さん、ありがとうございます!