前回は、私がお金と時間と自信の悩みから解放されたワケについて、お話ししました。

 

それは、「ふせんノート」を使うことで、「ひらめき君」を始めとするナビゲーターのアドバイスをもらさずに書き留めて、自由自在に活かせるようになったからです。

 

 

ひらめき君
 ところで今、あなたが抱えている一番大きな悩みは何ですか?

 

 仕事や人間関係、お金や将来のことなど、悩みが多すぎてどうすればよいのか分からなくなります。

 

 でも、1枚の紙切れを「意外な方法」で使うことで解決できて、思い描いたとおりの人生が送れるとしたら、試してみたいと思いませんか?

 

 実は、こうした不安や悩みが多い人には「ある共通点」があります。

 

 それは今まで「紙一重の差で損をする」人生を歩んできた、ということ。

 

 バカと天才は紙一重といいますが、世の中の色々なことが紙一枚の差で決まっていたのです。

 

 例えば、貧乏とお金持ちの違いは元をたどると紙一重です。

 

 幸福と不幸もきっかけは紙一重

 

 生きるか死ぬかも紙一重の差

 

 つまり天国と地獄とは紙一重の違いでしかありません。

 

 あなたや家族が幸せな人生を送れるか否かは、すべてたった1枚の紙の差程度のことで決まっていたのです。

 

 あなたが今まで経験した苦労や、悔しかったことを思い起こしてみてください。

 

 「そんなバカな!」というようなチョットの差で、あなたは苦汁を舐めていませんでしたか?

 

 努力とか能力が足りないのならまだしも、少し運が悪かっただけで負けたり損をしていたのでは、悔やんでも悔やみきれません

 

 私自身がそうでしたので、あなたの気持ちが手に取るように分かります。

 

 なぜなら、紙一重の差でチャンスを逃し、肝心な時にドツボにハマっていたから。

 

 私はドラマ半沢直樹で描かれた銀行員の世界で25年以上もがいてきました。

 

 ドラマで描かれたことは、見事に本質を突いています。常識で考えたらあり得ない「あんなこと」「こんなこと」「そんなバカな!」を現実に経験してきました。

 

 プライベートでは、お金のプロだと自惚れて株式投資を始めましたが、意気込みとは裏腹に破産寸前にまで追い込まれるありさま。

 

 銀行の内部事情に比べたらマシでしたが、やること為すことすべてが裏目に出てしまい、財布も心もボロボロになってしまいました。

 

 このように私の半生は、仕事や人間関係に不自由し、時間やお金にも不自由する「不自由な人生の見本市」でした。

 

 私自身が「お金がない」「時間がない」「自信がない」の「世界3大言い訳」を地で行っていた。

 

 ところが、「一枚の紙」で「紙一重の差」をカバーすることで「時間の自由」「お金の自由」「自信の自由」を手に入れて、不自由な人生を自由な人生に貼り替えることができたのです。

 

 

13078303_782677225196983_1814140634_o