前回は、不安や悩みが多い人には「紙一重の差で損をする」人生を歩んできた、という共通点があるというお話しをしました。

 

 

バカと天才は紙一重といいますが、世の中の色々なことが紙一枚の差で決まっていたのです。

 

 

でも、「一枚の紙」を非常識に使うことで、「紙一重の差」をカバーできるというお話しをしました。

 

 

今日は、その続きです。

 

 

 私は生まれつきズボラな性格なので、手帳を使うのが苦手です。

 

 社会人になってからはノートさえ使わなくなりました。

 

 字も下手くそで、「アラビア文字の方が読みやすい」とまで言われる始末。

 

 あまりの汚さに、自分自身でも何を書いてあるのか、読めなくなることが、よくあります(笑)。

 

 おまけに、整理整頓ができないので、書いたメモはいつも失くなります。

 

fusen_2

 そんな私でさえ、「一枚の紙切れの非常識な使い方」のおかげで、まっとうな人生を歩めるようになった。

 

 会社では、「一枚の紙」のおかげで仕事がまわるようになり人並みに昇進できました。

 

 プライベートでは、妻を社長にしたプライベートカンパニーで副業を始めたら、破産寸前から抜けだせました

 

 「いますぐ妻を社長にしなさい」で著者デビューできたのも、多くの方がセミナーのキャンセル待ちに登録してくださっているのも、「一枚の紙」のおかげです。

 

 「一枚の紙」で、「お金の本質を広める夢」が叶い、本の執筆やセミナー講師というライフワークが見つかって、ドラマ張りの銀行にしがみつかなくてもよくなりました。

 

 「一枚の紙」を活かせたことで自らの弱点をカムフラージュし、多くの悩みや不安から開放されて、家族仲良くお金に不自由しない生活を手に入れました。

 

 こうして私は、「紙一重の差」で損していた人生を、「一枚の紙」で穴埋めすることができました

 

※坂下仁は街の本屋さんを応援しています。

13078303_782677225196983_1814140634_o