恋はあっという間に冷めますが、
夫婦生活は50年にも及びます

 

なぜそんなにも長い間、一緒に暮らせるのか?

 

あなたは、なぜだと思いますか?

 

答えはシンプルで、夫婦には
お金という最強の絆があるからです

 

恋人には
「心の絆」と「体の絆」はありますが
「お金の絆」がありません

 

だから、どんなに愛し合っていても、
お金にギャップがあると結ばれない

 

晴れて夫婦になれたとしても、
お金の相性が合わない場合には
ギクシャクしてしまうので、
最悪の場合には別居とか離婚になりかねません

 

つまり夫婦関係は
心と体の相性だけでは維持できないのです

 

愛し合って結婚したお二人ですから
心と体の相性は、いいに決まっています

 

それなのに結婚後うまくいかなくなるとしたら、
原因はお金の相性以外には考えられません

 

だから夫婦生活は、お金の相性次第なのです

 

実はこれ、夫婦生活に限ったことではありません

 

親子関係や友達関係、
社内や取引先との関係など、
すべてに通じることでもあります

 

お金に対する感覚や考え方にずれがあると
様々なトラブルに繋がります

 

中でも特に夫婦については、
生きていくために生活費が必要なので、
お金についての感覚や考え方が
夫婦間でズレていると大変です

 

あなたは、どう思われますか?