突然で恐縮ですが、妻社長メソッド実践のコツをお話しさせて下さい。

ふせんノート 妻社長メソッド実践のコツ

 

妻社長シリーズには、お金を貯めるコツと、そのお金を増やすコツ、そしてそのために必要な考え方が書かれています。

ですから、読者の皆さんはポイントを知っていますが、実践し続けている人は意外と少数派。

 

なぜでしょうか?

 

答えは、「実際に行動し続けることが一番難しいから」です。

 

そこで「実践のコツ」について少々お話しさせてください。

行動するためには、それなりのエネルギーが必要です。

 

行動するために一番最初に必要なエネルギーのことを、私たちは「動機」と呼んでいます。

 

そして、1回きりの行動では成果が出にくいので、行動し続けること、つまり継続も大切です。

その際に私たちはいつも「根気」や「気力」に頼って継続しようとするのですが、それこそが私たち凡人が一番ハマりやすい落とし穴です。

 

もちろん「習慣化」できれば何とかなるのですが、それが出来れば苦労はしません。

 

では、習慣という高い次元にまで至らなくても、行動し続けられる良い方法ないのでしょうか?

 

そこで登場するのが「仕組み化」です。

 

極論すると、行動し続けるためには、初動エネルギー「動機」と「続ける仕組み」の2つ揃えば良い、ということになります。

 

10年近く前のこと、あることがきっかけで、その両方が備わった「仕組み」に私は気付きました。

 

「その仕組み」のことを、「ふせんノート術」と呼んでいます。

 

私が妻社長メソッドをスムーズに実践できた背景には、実は「ふせんノート」という仕組みがありました。